2016年04月07日

コシミハルコンサート「マダム・クルーナー5」 6月30日開催決定!

コシミハルコンサート「マダム・クルーナー5」
〜ソワレ・ア・ベルリン〜



2016年4月にベルリンで開催されるフェスティバル”Pop 16”( 20世紀初頭のポップミュージックの始まりを、コンサート、映画、インスタレーション、講義、ラウンジなど、様々な視点から現代に蘇らせるイベント)に「マダム・クルーナー」ライブ・シリーズが招聘されました!
今回はそれを記念し、「ソワレ・ア・ベルリン」と題し、マルレーネ・ディートリヒのナンバーを始めとするドイツ映画の音楽やシューベルトの歌曲、コール・ポーターやトミ−・ドーシー楽団、そしてオリジナル楽曲を交えて、一夜限りのベルリンの夜を再現します。
小さなダンスつき!

出演
 コシミハル(Chant, Accordéon, Glockenspiel, Piano)
 フェビアン・レザ・パネ(Piano)
 渡辺等    (Contrebasse)
 山口新語    (Batterie)

「コシミハル コンサート マダム・クルーナ−5」
〜ソワレ・ア・ベルリン〜
北沢タウンホール
2016年6月30日(木)

18:30開場/19:00開演
前売料金(税込)全席指定 6,000円

オフィシャルHP先行受付

【受付期間】2016年4月7日(木)18:00〜4月14日(木)23:59
【受付URL】
 http://eplus.jp/miharu16/


一般発売 4月23日(土)〜
posted by admin at 12:00| news

2016年03月30日

コシミハル、ベルリンライブ決定!

4月にベルリンで開催されるフェスティバル“Pop 16“に
コシミハルが出演することになりました!

シャルル・トレネやコール・ポーターなどのレパートリーの他に、
ベルリン初演のドイツの曲やオリジナルも交えて、トリオ演奏でライブをします!

“Pop 16”とは・・・

ポップミュージックはエルヴィスから始まったわけではない。3分の歌はSPレコードの時間の制約の中から生まれた。SPレコードは音を保存しただけでなく、何よりも持ち運びを可能にした 
ー このことによって、ポップミュージックは世の中に広まった。今ここにいる人がいない人の音楽を聞くことが出来る。死んだ人が生きている人のために歌う。そして音楽的な知識は、もはや音楽家から音楽家に直接交流することによって特別に伝えられるのではなく、今では時と空間を超えて広がっていく。
西アフリカにパームワインがあり、東ヨーロッパにセヴダがある。インドネシアでクロンチョンを聴いていた時、ギリシャではレベティコを聴く。ニューオーリンズでホットジャズが花咲き、ニューヨークではブロードウェイが、そしてリオ・デ・ジャネイロではサンバを聴き、ショーロを演奏する。
Pop 16は1910年から1930年のポップミュージックの始まりを、コンサート、映画、インスタレーション、講義、ラウンジなど、様々な視点から、日替わりで、当時のスタイルの新しい解明、変容、今までにない組み合わせを提示して、現代に蘇らせるイベントである。

コシミハル ライブスケジュール
日時:2016年4月29日(金) 21時半〜


Miharu Koshi : Accordéon, Glockenspiel
Febian Reza Pane : Piano
Hitoshi Watanabe : Bass
Shingo Yamaguchi : Drums



〈Pop 16はHKWシリーズ 100 Years of Now「100年を現在に」の一部です。〉
http://www.hkw.de/de/programm/projekte/2016/pop_16/pop_16_start.php

Pop 16
28. April 2016 − 01. Mai 2016
HKW Auditorium
posted by admin at 23:56| news